※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ドライヤー  作詞/167スレ76

滴が色をつけてゆく
ふわりと苦い花が咲く
レンズの奥のその瞳
それが見たくて繰り返す
二つの山の谷底に
ニッコリ笑顔で寄り掛かり
優しい指の温もりに
うっとり世界が歌い出す
すべる なでる 熱い気持ち
少し痛いくらいがちょうどいい
わたし あなた 足してひとつ
少し近いくらいが望ましい