※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

かみそり  作詞/167スレ66 作曲/つる

A滴ってはそこに溶けて
 不思議な匂いと 熱い感情
 思ってはそこまでの
 酷くぼやけた 汚い無常
B語りかけても 返事のない
 冷たく輝くその刃
 柔肌にそっと触れる
S白い頬に伝う涙を
 隠すように俯いて
 誰も気づかずにまた繰り返す
 腕の痛み 止まないままに
S軽い体 向かう矛先
 見てみぬふり 傷つけて
 誰も知りえぬ その傷跡に
 舌を這わせ 病まないままに
 誰もが迷う それこそ一人
 膝を抱え 裂けゆくままに・・・

音源