※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

EO  作詞/165スレ192

蔑んでいたの、でも誰の為に
涙ぐんだ瞳に、僕は気付かなかった
いつも頭のなかでは明るい未来を想像して
希望に満ち溢れてた自分だけ
stopできない
君がいるから
stepできるよ
君がいるから