※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

愛狂  作詞/165スレ104

愛情が狂気へと変化してゆく
血乱れた妖気な姿、僕を惑わす永遠の縁へご案内してくれる
よくいった君への「愛してる」もドラマからの切り取りにしかすぎない
Reliabilityのない僕の言葉に君は二度と振り向いてはくれない
同じ時を過ごしたのに二人の時間は大きく違っていた
君が遅れた訳じゃない
進みすぎた訳でもない
ただ僕が狂っていただけ
君の姿に狂っていただけ