※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

8月  作詞/にゅる(52スレ38) 作曲/oneofvipper(52スレ178)

手の中にある林檎飴 あやすようにくるり、回す
君は無邪気に笑って見せた 浴衣の花が仄かに揺れる
線香花火が散る頃に 君はやっと眠れるんだね
忘れじのあの夏の日は こんな月の綺麗すぎた夜に
重なる手と小さな手 一つは冷たくもう一つは温かく
指切りを交わした時に 聞こえなくなった 「さよなら」
儚げに散る線香花火 僕を写したその姿
窓際の風鈴と風車 あの日からこの窓辺には
風が吹かないから

音源



(このページは旧wikiから転載されました)