※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

白昼夢  作詞/81スレ64

柔らかな日差し 無地の絵画
僕らの影を落とす 爪先から消えてく体温
掠れてく心音が 最後には途切れて
目を閉じればそこに 笑う君がいて
君の音思い出した 手を伸ばせば触れられる気がして
そんな希望を胸に残し 僕はただ夢を見ていたみたいだ

(このページは旧wikiから転載されました)