※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

崩壊ビネガーポーク 作詞/154スレ75

絶望に満ちた食卓の
中心に渦巻く憎悪
あってはいけないモノのために
あるべきはずの団欒は消える

ぶちまけた皿と怒り 空腹は加速し
それでも口にすることはない プライドがそれをさせない
「意外と合うものだよ」 そんな言葉も僕には
悪魔の囁きにしか聞こえない
酢豚にパイナップル・・・oh・・・