※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ストレイト  作詞/りぴぃた

夜中に一人 ギターをはじいてる僕
ポロリポロリ 流れる涙のような旋律
明け方前に 配達 バイクの音
また今日も こんな風に 朝を迎えた
いびつな部屋で ギターをはじいてる僕
ポロリポロリ こぼれる嗚咽のような旋律
いつからだっけなぁ こんなにつまらないのは
こんなにも 悲しい 音しか出せないのは
困ったことがあったならいつでも言ってね
響く 優しい あの人の声
揺れた花びら アーケードを背にして
君は笑う 僕の 霞む記憶の中で
落ちた花びら もう咲きはしないから
拾うことも 忘れて 君は笑えと言ってくれた
窓から覗く 真っ白で小さい花
風に揺れて まるで踊っているみたいで
昼間も一人 ギターをはじいてる僕
今だけはさ たった一人 聞いてくれる人が
忘れることは難しいかもしれないけど
消える 儚い あの人の影
散った花びら すべてを剥ぎ取られて
君は笑う 僕の 知らない場所で
枯れた花びら 次の芽が顔を出すまで
あと少し 少しだけ 待っててよ すぐに追いつくから
大丈夫だよね 私が居なくても
ポロリ ポロリ 震える指が
消えた花びら 面影は薄れて
けれどそこに ちゃんと 君が居た証が
開く花びら 薄いピンク色で
落ちないように 枯れないように 風にかざして
LaLaLa……
この音色を聞いて