※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

刻が流れる河  作詞/147スレ13

刻が流れる河に 湧き出す水は絶え間なく
雲が流れる空は 止まらぬ刻を映し出す
 明日があると 信じたいから
 別れを告げた 過去を見つめて
 背中合わせの道標に
 互いに足を踏み出した
刻が流れる河は いつしか集う滝になり
飛沫照らした空に プリズム描いた色が出る
 明日があると 感じていれば
 千切れていった 過去を手放し
 交差できない道筋に
 互いに足を踏み出した
 明日があれば 未来を探し
 生まれ変わった 今を連ねて
 真っ直ぐ伸びた真実が
 いつしか(orいつか)必ず出会うだろう