※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

白色蒲公英   作詞/146スレ33  作曲/146スレ47

だあれも居ない公園の ボロいベンチに人ひとり
缶コーヒーを右手に持って ぼんやり空を眺めてた
鳥さん 鳥さん 空はいいねえ
なあ僕も 一緒にその大空を飛ばせてくれよ
その足元でゆれるゆらゆら まっしろ優しいたんぽぽの
綿毛が顔に飛んできて 夢の世界を飛び出した
ほら足元でゆれるふわふわ どこにだってあるけれど
何も言わず何も語らず ただただそこで咲いている
夏の終わりに咲いている
夏の終わりを生きている

音源