※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

狭い狭い世界の中の唄   作詞/145スレ551

夏が過ぎ秋の風が その色を香らせ始め
扇風機なんて回したら ちょっとだけ肌寒い
クーラーもいらないね 布団が暖かい季節
初雪が降り出すまで あと数えるほどかな
……なのに
窓にヤモリが張り付いてる
窓にヤモリが張り付いてる
窓にヤモリが張り付いてる
Uh…Ah…
そのキュートな足と腹を めいっぱい窓に押し付けて
踏ん張ってる健気なヤモリ 叩いたら落ちてった
……けれど
……気付けば
窓にヤモリが張り付いてる
窓にヤモリが張り付いてる
窓にヤモリが張り付いてる
Uh…Ah…