※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

曇り空の  作詞/つまだ

ため息が 漏れた
軒下の空に聴いてみた
生返事 しとり
アスファルト跳ねて響く唄
それはただ 光
闇とかじゃない花の影
僕の中 とても
矮小な世界の真(まことさ
眠い目を こすり
地に足も つけず
鈍色の 中を
君はどこ
ドアを開けた今
動かせないんだ
僕も君もただ
すべてを隠して
夜のような優しさ
それでも僅かな
匂いと 明かりが
この世界の僕を
白い花に恵みをあぁ 無情
きっと