※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

WAITING  作詞/142スレ670

ふと後ろを振り返る
其処には何もなくて
必死に周りを見渡してみる
だけど 何もないよ
時の流れは速すぎて
追いつこうと頑張ってみるけれど
何時も一人取り残されて
君は自分を隠して 世の中を否定して
それで 勝ち誇った様な 顔してる
それでも溢れ出る自分を抑えきれなくて
必死に藻掻く道化師
誰かが君を待ってる
自分を抑えなくていい
今は何も見えないけど
遠くで待ってるから
僕はここにいるよ
自分に素直になって
今は何も見えないけど
遠くで待ってるから