※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ソラニン  作詞/142スレ534

この世界はきっと幾つもの
「まぁいいや」で埋めつくされている
見上げた空は 低く 狭く 重く
僕の体を押し潰してく
ベランダから逃げる風船を
追い掛けて僕は自由になる
忘れ物を探しにいこう
いつかのように自由になる
大切なものが何か分からないまま
必死に言い訳探した
目の前の腐ったチャンス蹴飛ばし
赤い光の中へ走った
そっちからの僕らはどんな風に見えてるの
できることならこの気持ち届かないで
歌が終わればまた僕らは「普通」の中を歩いてく
歌が 歌が 終わる
さよなら それもいいさ
どこかで 元気でやれよ
僕も どーにかやるさ
そうするよ