※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ちんちんぷいぷい  作詞/142スレ604

ちちんぷいぷい ちんぷいぷい
さあ僕の魔法をかけてあげるよ
気高く隆起したブツはまるでバベルの塔だ
ちちんぷいぷい ちんぷいぷい
ああ君に白濁かけてあげるよ
神にもっとも近づいたイチモツとして裁きを下されるのさ
ちちちんぷいぷいちんぷいぷい
それは素敵な魔法の言葉