※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

蒲公英  作詞/142スレ323 作曲/142スレ413

排気ガス混じりの酸素
一日の贈り物
とめどなく溢れ出る
太陽が一杯咲いた
風が綿毛を運び
運命に載せられて
それでも俺はここで
精一杯 根を張ってる
たとえここが 道端でも
俺にとっては 世界のど真ん中
アスファルトの匂い
全身で受け止める
たとえ俺は 雑草でも
誰にも負けない ハートを持っている
心の中に一本の
誇りを握り締めて

音源