※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

imagination 作詞/|□|*

他人が取ってつけたような
僕のイメージを
僕は信じていた
「君は君の
思うままの
君でいいのに」
と君に
言われるまで
ヰマジネヰション
僕にしかできない
少数生産
それを大切に
してくれる人が欲しい
そして僕は僕を生きる
誰かが取ってつけたような
僕のイメージなんて
それは誰かの少数生産
僕には関係のないこと
ヰマジネヰション
僕にしか出来ない
少数生産
それを分かってくれる人が
僕は欲しい