※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ビッグバン 作詞/つまだ

はじめて唄ったときには
目を閉じてても詠めた歌詞
きらきら光る星屑を
この手取るように 眺められた
はじめて語ったときには
耳塞げど聞こえた声
大きく膨らむ宇宙を
口にしなくとも 伝えられた
それが今じゃ虚しくもああ
特異点も見つからずに
彗星のように流れて
夢を見なくなって 大人
あなたのようになりたい
あなたのように生きたい
あなたのように輝きたい
あなたはどうか どうかこのまま
私のようにならないで
私のように生きないで
私のようにくすまないで
そうなぜならば あなたが(私の)