※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

「泣いた空」 作詞/旧GWスレ299

突然 世界が閉ざされて
長い冬が訪れる
耳にした音が失われ 暗い夜に佇んだ
虚ろな日々が繰り返し
波打つ心失われ
寄せる波も帰る波も意味がなく
泣いた空に月が有る
自分自身が哀しくて 愚かな時を流されて
鏡になった水面だけ あるがままを映してた
凍て付く 自分を揺り起こし
冬の間(も)眠らずに
木々をかすめる風になり 暗い夜に走り出す
咆えたい気持抑えても
波立つ心目を覚まし
明ける空も暮れる夜も色があり
泣いた空に陽が昇る
自分自身が感じてた 響いた時を歩いたら
鏡になった水面には 新しい世界輝いてた