※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

嘘になる午後  作詞/旧GWスレ176

目覚めた朝に焦げたコーヒーの香りと
窓を叩く雨粒のソナタを聴いてた
包まって這い出るように生きていて
ドアの向こう側には「痛い」しか無いって
踏み潰した感情の群れが 頭の中の音階を狂わせ始めた
暖かい其処には暖かさ以外に何も無いって
僕を諭すように叱ってよ
さようなら 君が作ってた思い出は
一人残された僕を ただ気遣って 僕はまた甘えて
さようなら それも忘れていくんだ
眠りの中に救いはあると思うの? 嘘だと言ってよ
ただ、あぁ
それ以上は何も言えない