※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

中卒無職三十四歳の歌 作詞/129スレ50

小学四年生の時は
三の段で苦しんでた
小学六年生の時は
七の段で苦しんでた
六年生までの通信簿は全部もう少し
勉強、運動、社交も苦手で
今は職がないからカラッポの
脳みそにメロンパンを詰めてるんだ
もっと賢くなりたいよ
自分のアホさに呆れてる
あれは多分中ニの夏
いじめっ子に呼び出されて
トイレに来いといわれたよ
でもトイレまでの道が
わからなくて迷子になって同情された
誰に?そのいじめっ子にだよ
多分僕のIQは
三桁くらいだと思う
一番左は0
次は点々
その次はまた0で
一番右は多分1
今は職がないからカラッポの
脳みそにメロンパンを詰めてるんだ
もっと賢くなりたいよ
自分のアホさに呆れてる