※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

雪の日 作詞/126スレ531

街がざわめき色づいて キラキラ光る季節です
木々の緑も電飾に 飾られ浮かれる季節です
ポケットの中かじかんだ 指先ぬくめる人もなく
記憶の中の君の影 白いため息またひとつ
ツリーのてっぺんお星様 夜空にとけてまたたいて
君の元へと飛んでいけ 寂しくないよに飛んでいけ
時が奏でる鈴の音は 僕の心で木霊して
虚ろに響き胸の奥 後悔ばかり積もります
空舞う雪はただ白く 僕の足跡消し去って
存在さえも塗りこめて あたり一面積もります