※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

安息日の驟雨 作詞/124スレ67

いつのまか目が覚めてる 雨音が部屋へ入ってた
最悪だぜ日曜日なのに 昼間までにはやみそうにない
窓辺まで這って見る 忙しない人波 色とりどりの傘
アスファルトの色は変わってるんだ
世界が洗い流れる きっとその日を待ってた
空気が澄み切る たぶんその時を知ってた
雨上がりの空は絶対世界の終わりに似てる
始まるみたいだ一日が
降り注ぐ安息日の驟雨
いつのまにか目が冴えてた 雨音が部屋に響いてた
最悪だぜ日曜日なのに 夜中までにはやむといい
雨はいいって言って見る にび色曇天 隙間からの光
世界が洗い流される きっとその日を待ってた
空気が澄み切る たぶんその時を知ってた
雨上がりの空は絶対世界の終わりに似てる