※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

純白 作詞/121スレ167、169、170、173

初雪が降ってきて
今日もあなたのことを思い出す
あなたの心はこの雪のように
穢れがなく真っ白でした
それなのに別れた自分・・・
僕の選んだ道は間違っていたのだろうか・・・
汚れに満ちた世の中を知らない
そんなあなたといることが
どうしても僕には耐えられなかったんだ
憧れを持っていたのにも関わらず・・・
あなたへの憧れを
今でも感じ続けている自分
あなたのようにはなれないことが
分かってはいるのだけれど・・・
振ってしまってホントごめんね・・・
僕のいる穢れた世界を知らないでほしかった・・・
あなたは今どうしているんだろう
穢れをしらず純粋で
あなたと同じ世界に住む人
そんな人と愛し合っていたらいいな・・・
ホントにこれで良かったのか・・・
僕の選んだ道は間違っていたのだろうか・・・
「もうそんなふうに悩んだりはしない
後戻りはできないから」
そう何度決意したことやら
それでも中々上手くはいかなくて・・・
思い出を大切にしたい
そのせいで悩み続けることになったとしても・・・