※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

遠恋まごころセツナメンズ  作詞/117スレ984

恋わずらいとは 読んで字の如し 
相も変わらずに 恋はつらい
結んだ想いも ほどけてしまったら
君との出逢いも また儚い
狂おしいほどに 僕の右手から
溢れんばかりのエネルギー
去年の今頃 思い涙して
零れんばかり 白濁快楽
遠く離れて恋心
迎えに行きましょうか愛
自己発電の切なさ
生み出す恋愛源
それは仮にも下心
否定はしないとまごころ
全てにおいてなんです
君への遠恋です