※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

エンドロール  作詞/117スレ200

点と点を繋いで、作り上げたほんのり甘い恋愛ドラマ
僕はその肩書きから、いち早く降板したけれど
継ぎ接ぎな色で刻んだお決まり単純なミスキャスト
一流の演技と感情で強がり笑い浮かべてみる
揺れる 君の肩が僕じゃない誰かの腕に包まれ
光る 涙は僕が一番の元凶だなんて思ってみたりするけど
ただ筋書き通り そう思えば楽になる
最終回に僕はいらない
世間じゃ僕を名脇役だとバカにするのかな
君の為なら…まぁいいか
回り回るエンドロール
明日からそこに僕の名はない