※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

シュレディンガー(存在が曖昧な猫の話) 作詞/なのもとに

退屈な日の午後、確か三時。
暇つぶしに難しい本を買った。
曖昧な論点の実験に、君は
「猫がかわいそうだ」とつぶやいた。
前略、ドクターシュレディンガー。
そちらでは猫は元気ですか?
複雑な君の心のパスワード。
暇つぶしにもならない知恵の輪。
曖昧な論点の雑談で、君は
他の誰かなんかよりも輝いて。
前略、ドクターシュレディンガー。
そちらでも猫は元気ですか?
「運命なんだ」なんて、件(くだん)の
猫のようなことを言って、
君は僕のひざの上で。
PS ドクターシュレディンガー。
こちらでも猫は元気みたいです。
最後に、ドクターシュレディンガー。
あんなこと、本気で思ってるんですか?