※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

君は彩、僕は音  作詞/112スレ706

電線が走る空
見上げる事もできないさ
すぐには教えない そんな心で
裏も表もないだろう
こんな東京の夜を僕は歩きながら
ゆらりゆらりと水蒸気が
月を隠した
何だか今は止まっていたい
君なら空だって創れるんだ
君と僕とで創った絵本には
夜を忘れた
すぐには教えない そんな心で
何とかやり通したい気もするけど
こんなにも二人の時間を考えたから
ひらりひらりと花びらが
僕を試した
何だか今は眠っていたい
僕は夏空を奏でるんだ
君と僕とで創った絵本には
夜を忘れた
何だか今は止まっていたい
君なら空だって創れるんだ
君と僕とで創った絵本には
夢を忘れた