※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

蛇苺  作詞/素直人

こんなにもあたし想ってるのに なんてチープな妄言も無いけど
やっぱり燻ぶる本能の赤 甲斐性あるなら応えて
何気ない一言が鋼の鎖 計算ずくに絡め取るくせに
あたしが振り絞った一言を 聞き流す君が憎い
絶対君は邪悪な蛇 苺を愛でるだけ愛でてく
その舌なめずりの裏には どれだけの苺が泣いてるの
こんなにも君を想ってるのに なんて女々しい戯言も無いけど
やっぱり迸る始原の赤 伊達なのは眼鏡だけでいい
何気ない仕草が茨の壁 逃げ場を無くし突き刺さるくせに
あたしが魅せ付けた艶姿 気付かない振りが憎い
絶対君は悪魔の蛇 苺を舐めるだけ舐めてく
その薄笑い仮面の下には どれだけの苺を食べたの
絶対君はエデンの蛇 禁断の苺がお望みですか
林檎より苺がお望みですか それならあたしを食べて