※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

大切なもの  作詞/112スレ452

向かい風が吹きつける時がある
君が立ち向かう力を持たないのなら僕が杖になろう
歩き疲れたなら君の手を引いてあげる
なんの見返りもいらない
ただ一つ
辛い事も哀しい事もある
くじけてしまう事もある
それでも諦めないで
たとえ立ち止まっても
進む意志さえあれば必ず手は届くのだから
いつか君が一人で歩き始めるとき
君が疲れ果て心が折れそうなら僕が帰る場所になろう
君が再び歩き出せるまで傍にいよう
どんな見返りもいらない
ただ一つ
楽しい事や嬉しい事がある
幸せを感じられる事がある
それだけを覚えていて
どんな悪意にさらされても
君と僕ならどこまでも遠く高く行けるだろう