※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

厭世「黒のきめら」 作詞/ぎる亀

ずるいずるい 0と1に2を混ぜるなんて
律する世界に風穴 増やした
俄然俄然 朝が月をむさぼった 
アルトをたしなむ烏に告ぐ 「陽を喰らうため夜を紡げ」
人に非ず 瓦礫の群れ
変わり果てた 使用後の恩師 
目から螺子の音がする
火が盛る丘で 雪が吠える
歪曲する人間に告ぐ
「籠の中から早く空を捜せ」