※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

はな  作詞/マルミユ

わたしのことを すきだといった
わたしのことを きれいといった
わたしのことを あいしていると
わたしのために つぶやいた
こもれびのまど あけたあさ
おひさまのいろ あざやかに
わたしのために ふりそそぐ
あなたはそして ほほえんだ
わたしをながめ ことばかけ
ひざしのなかで うたたねし
さんじごろには おちゃをのみ
よるになったら おやすみよ
わたしのことを まいにちみてた
わたしのみずを とりかえながら
いつしかあなた おおきくなった
そしてあるあさ しんでいた
ひとりになった まどのはな
あしもなければ くちもない
あなたがいない さみしくて
ひとりでみずを のみました
あなたのことを すきだといった
あなたのことを きれいといった
あなたのことを あいしていると
わたしはひとり つぶやいた
なみだのかわり つゆをながそう
あなたとともに かれてゆきます
なもないただの はなのわがまま
よぞらのつきが ながめてる