※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

恋愛盲目・夏  作詞/つまだ

恋々と蜩も
泣きやまずに街灯へ 火がつき
カンカンと踏切を
幻想列車駆け抜けて 哀愁
時は
何時も何時でもかな
人の
夢は儚いもの
声は
喉から出すものと
雨は
信じて止まず だから
朧気な 三日月に
舞い散らないで 花模様
一言を 言わせてよ
ただかき消され 夏景色