※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

モノクロ    作詞/107スレ678

あきらめかけた招き猫が、
僕に「体温ってどんな感じ?」
って笑いながら投げかける。
決まりの悪い午後の雲が、
常に渦巻いて消えてくれず。
「で?」って笑いながら、僕は言う。
「進むことを忘れた時に、僕はもう死んでしまったんだぜ?」
灰の空と黒の海に、一滴赤くしたたるもの。
ただそれだけで、この世界に色が戻るならば僕は喜んで…。
忘れてしまったコウモリ傘が、
急にいとおしく思えて止まない。
「で?」って泣きながら、君は言う。
決断をした午後の雲が
僕に「大丈夫、慰めようか」と。
「で?」って笑いながら、僕は行く。
「進むことを決めた僕だ。いつか、きっと生きて帰ってくるさ」
灰の空と黒の海に、一滴青く輝くもの。
ただそれだけで、この世界に色が戻るならば僕は喜んで…。
灰の空のもとで咲いた、一輪白く輝くもの。
ただそれだけで、君の頬に色が戻るならば僕は喜んで、
あの大嫌いな光を睨もう。