※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

躾を否定した犬  作詞/つまだ

S)爪を立てて音を鳴らした
硝子細工鎖まがい
濁る愛でほどけることすら無く
A)触れる 絵画
醜い王(キング)
おとぎ 犯し
哀れな侭(まま)
出会うなら
犬ですら それは狂気の沙汰で
A)月は まだか
満ち足りし時
吠えた 浪(ろう)は
未熟な侭(まま)
望(のぞむ)なら
影を剥ぎ 心まで痛まれよう
S)爪を立てて音を鳴らした
硝子細工鎖まがい
濁る愛でほどけることすら無く
S)恐る恐る手を伸ばしては
噛みつかれて指を切る
まるで誓い破るかのような夜