※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

摂理  作詞/89スレ152

愛しさと痛みを感じながら 私は明日に別れを告げる
知り得ない恋に胸を焦がし また明日に別れるのです
          |
          |  (世界を巻き込んで)
(破滅の詩)     |
      夢
────始まりの時──→
終 (巡って逝く)
      わ
        り
      |
      ↓
(了ナタヵ゛ ?アヮ七ナら) (ヮ夕?八ゥレシィ)
例えこの身体が桜の様に ゆらり散り行く定めでも
(マ夕アィマ??ゥ)     (ソラヵ゛モ工儿)
例えこの世界は堕落し さらり消え行く運命でも

(このページは旧wikiから転載されました)