※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

星の泉へ  作詞/107スレ142

星のわく泉へゆこう 真っ赤に晴れた夜のこと
森をかきわけ奥へゆこう 緑も僕らを誘ってる
どこかで火花が散った どこかで猫が鳴いた
まとわりつく風 赤 知らない音
それでも止まらない止まれない 僕ら 星を呑みにゆく
泉には満天の星空 真っ赤な空の下で
泉の星だけが輝く 僕らはそれを呑みこむ
星はどこにもない 真っ赤な空の下で
輝くものは僕らの死体だけ 淡い色 これでおわり