※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

うまい棒~10円の味~ 作詞/104スレ287

傷つけられた時も 傷つけた時も
支えてくれた確かな味
その温もりは まるで母の味
握り締めて走った銅の硬貨
飽きない程に味が豊富で
気づけば今年も食べ続け
終わらせないよ・・・ 終わらせたくないよ
この伝統の味を
優しい香りに包まれながら 子供たちは笑顔で
両親が今の僕と同じ年代だった頃も 食べていたのかな?
愛され続け そして人を愛し
尚も変わらないこの全て
あれもほしい これもほしい
ささやかな幸せを贈り続ける