※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

閉まった部屋  作詞/101スレ141

椅子に座って きしんだ右の肘置きを確かめる
傾いた心を再確認してみた
溢れ続けるゴミ袋 机から落ちた時刻表
頭の中の針は止まっているよ
落書きのような日々 とりとめもない日々
進みようのない日々 少し霧かかった日々
残した糧が今 僕を追いかけてきている
忘れられない 蝿のような思い出 思い出
殺虫スプレー吹いても 消せない消せない消せないよ…
もう間に合わないってわかってるけど それでも見てしまう
あの日 見た君の笑顔を見たいから
走り出す 時刻表持って バス代握って 外に飛び出す
思い出す あの時を知って また会いたいって 今ここで走らなきゃ行けないって
思ってたら動いてた