※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

奉忌犬(みなき)  作詞/100スレ737

松明(たいまつ)だけを頼りに
あの螺旋(らせん)巻く巻く階段を
ひたすら下へ(足音)
  「あしもとに……」
 「(犬の吠える声)」
「ハハハ、群がる群がる」
  • 競歌-
カマイタチ 追わざる赤人 氷見(ひみ)誘う
カマイタチ 負わざる青人 瓦礫(がれき)下
今 飲む なじる 奇怪なる顋(あぎと)
逃(に)ぐ 反(そ)る そして 喰らいつく
成す術(すべ)在らずに
   成す術成さずに
      成す術知らずに…
「上が見えな…」
 「(ドアを閉める音)」
  「(女の泣き笑い)」
十三月(とみつき)の鐘が……
何をも征せず
この世にさよなら
さよなら
(犬の遠吠え)