※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

月とウサギと涙の国のキミ  作詞/100スレ643

夜10時、空は綺麗な満月、手を伸ばせば掴めそうなほど大きくてウサギが手を振っていた。
まだしばらくは欠けることは無いだろう、月が欠ける前にせめて、ウサギにサヨナラをいいたい。
元気でねと手を振りながら涙の国からしずくがこぼれる、開いている手で拭っても止まらずに流れ続ける、こまったもんだよキミは。