※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

睡眠  作詞/100スレ570

曇り空 声も聞こえない程の雑音が響き渡る
濁り水 靴も履かずに素足でこの川を歩き渉る
心は何所? 其処に在るもの
ここは底? 沈み行くのさ
得体の知れぬ未来は不安定な足場の上
さぁさぁ掴みとれるか You?
得体の知れぬ過去は不条理な理由の故
さぁさぁ振り向けれるか You?
沈んだら 空も見えない程の真っ暗な黒い視界
動かずに 時が過ぎるのを待って安定を望み眠る
心は此処 底に在るもの
ここは何所? 眠りに就いて
得体の知れぬ未来は不安定な足場の上
ほらほら足を踏み出す You
得体の知れぬ過去は不条理な理由の故
ほらほら引き返すのさ You
不安定から安定へ 変わるその時を
望み 眠る 貴方は何を見る?
晴れた空 声が聞こえて止まない夢たちが響き渡る
透ける水 靴も履かずに素足でこの川を歩き渉る
心は此処 底に無いもの
ここから さぁ 歩き出そうか