※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夕焼け小焼け 作詞/一(にのまえ)

春桜咲き 夏青葉香り
秋落ち葉揺れ 冬雪の降る静かな夜
一年も足早に過ぎ去り
置いていかれた子供達は
今夜も裏路地に集まって カルタをしている
電車が走る 線路の上を レールの上を ガッタンゴットン
カラスが鳴いたら 夕立模様の空には夕焼け 僕等はひっそり生きている
帰ろうかな どうしようかな
もう少し遊ぼうかな どうしようかな
戻ろうかな どうしようかな
楽しい事はやっぱり楽しいし
5時を知らせるサイレンが僕等を夢から引き戻す

音源



(このページは旧wikiから転載されました)