※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

風船  作詞/98スレ321

風船がしぼむのに理由などない
少しずつ空気が漏れていっただけ
この気持ち しぼむのに理由などない
少しずつ感情 零れてしまった
ポケットの穴のよに 飴玉こぼせば
気づいたのかな
キラキラと煌めいて 拾い集めりゃ
よかったのかな
時計の針は戻せても
過ぎた時間はかえらない
時計の針は戻せても
落ちた風船もう飛ばない