※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

俺の曲に詞をつけてくれ No.021 作曲/たまねぎ

  • 音源はただいま管理人の手元にありません。持っている方いたらくださいな。

脳内HERO 疾走ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃  作詞/98スレ296

揺れる決意  弱気な俺の 心に陽が差す
それはどんな絶望だって敵わない
⊂二( ^ω^)⊃「弱音を蹴っ飛ばせ 共になら走れるだろ?」
なだめ でも 叱咤して
⊂二( ^ω^)⊃「今は 悩むな 決めたならやりきれ 御託は後から」
枝分かれ  走るように過ぎる
日々の 中で 思い出す
大昔に 置いていかれた後姿を
心の 支えだった 純粋に そう 信じてた
幼さを 捨てた気になって
他人(ひと)を 見下し 現実が 痛くて
ひたすら 逃げてた
ねえHERO
聞こえるかい
駄目な俺だけど
まだやれるかな?
⊂二( ^ω^)⊃(追いかけろ 追いかけろ 追いかけろ 追い抜け)
恐れるな 逃げるな お前はもういないけど
ただ 前を見据えて
笑うこの膝を 殴って 殴って  愚直に もう一度


真夏のマボロシ 作曲/たまねぎ 作詞/つまだ

日差しの 強さが
あの頃 重なり
今頃 みんなは
変わっただろう
真夏のマボロシ
遠く向こうに揺れてて
ただ 僕は走ったんだ
あの時まで
夢中で急いで
間に合え 間に合え
木陰の 涼しさ
あの日と 重なり
恋した あの子に
また会えた
真夏の マボロシ
遠く向こうに揺れてて
ただ 僕は願ったんだ
あの時まで
時計台の針
戻して 戻して
追いつけずに
消えてしまい
ここまで来て
振り返れば
優しい 夕焼け
ゆらゆら 陽炎
真夏の マボロシ
遠く後ろで笑った
ただ 僕は歌ったんだ
あの頃へと
みんなにあの子に
感謝の 言葉で