※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

Z.D.F.  作詞/97スレ631

寡黙な愛に口づけを 混沌は闇 と血
消え往く声を浮かべる 果たせぬ指切り
ただ 暁に日々を重ね重ね 少し盲目であり
残った「約束」「罪」「愛情」それを
ただ運命と理解した心が許せず
思い出すのは君の表情
それをただ…ただ 忘れようと あぁ
儚く散る 散り際に舞う 生きた意味を燃やして
その目には映らない