※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

りでんぷ 作詞/タマムシ

枕に顔を載せて上目使いであなたを見つめる。夢は見るものじゃなくてかなえるものでしょ?アナタに教わったわ
ダイヤモンドのような瞳が輝きを失いかけて、ガーネットもアクアパールも嘆き消えさった。
身を繋いでいたのは心にあった、それは憎しみや憎悪なんかじゃなくて明るい希望の光だった。