※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

騙猫と47人へ  作詞/95スレ95

A               B
ねぇ              生まれて初めて褒められたとき
後ろの人も          羊を数える眠れぬ夜や
囚われたココロ救いに   去るように消えてく三月の日々
うん               取り損ねたあのキャッチャーフライ
立つんだ今こそ       居ぬのに叫んだ父との別れ
みんなまってる君のこと  今となっては思い出になり
C               D
凛々とした歌声も      礼儀ならいらない
塗りつぶされた落書きも   そんな軽いもの
ルールの消えた学校も    辛いときも
大きな空を見上げたら    眠いときも
忘れられてく過去になり  泣かないで
彼女は今も元気かな     爛漫な君を見ている
陽気な空も踊ってる    無茶してる君を見てる
たった一つの命なら     
E
有為の奥山今日越えて浅き夢見し酔ひもせす。