※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

~Unbalance~  作詞/<<Noa<<

くだらない毎日 過ぎてった
私がまるで他人に思えて
いつも遠くで眺めてた

そんな日々の中で見つけた光
細く細く輝いていた

抱きしめると壊れそうで
いつまで怯えているんだろう
希望の光は目の前なのに
気づけば日付が 落ちてった
淡い恋を重ねていって
女性【おとな】になったと思ってた

だけど私はあの頃と変わらず
今も心は泣いている

誰かを頼るのが怖くて
だけど誰かを頼りたくて
私の心がわからない


たぶんきっと いつの日か
こんな日々でも 思い出として
振り返る日が来るのだと思う

(このページは旧wikiから転載されました)