※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

白鷺のお城 作詞/尽

きみと はじめて ふたりであるく
桜の花より 頬染めて
うれしはずかし お城でデート
階段 急だから 気をつけてね
触れた指先 ほんのり温かい
天守閣 のぼりきって ミニチュアの街
さっきより 少し近くに きみのぬくもり
きっと 忘れない この景色
ずっと 忘れない この鼓動
時代劇で見るたびに 胸が熱くなる
時代劇で見るたびに きみを思い出す

(このページは旧wikiから転載されました)